木版画教室

毎週水曜日の午後 工房で開催してます
生徒募集中


連絡先 0868-36-5977
 携帯 090-8241-9663
E-mail tadaka@d7.dion.ne.jp




木版画は意外と簡単です。
誰でもピカソじゃなくて、誰でもムナカタを目指して
木版画教室をやってみようと開催中です。

半日で参加費1,500円のプランです。

先ずは材料、道具などの調達です。

必要なものをリストアップしてみましょう。


1.版木     木版画用ホオ単板 今回はハガキサイズ
2.彫刻刀   児童用の廉価なもので充分
3.彫刻台    12mm合板で作ります
4.ハガキ用紙  水彩画用
5.半紙      下絵用
6.木版画インク  墨汁でもOK
7.刷毛
8.バレン
9.その他     鉛筆、筆、絵の具
10.版画用ケシゴム


各自で用意するには手間がかかり過ぎるようなので
この際、まとめて仕入れてみました。
彫刻刀は研ぐ技術がない人も多いので教室の備品とします。
消耗品(版木、紙類)は各自負担ですが
受講料に含めて廉価にまとめようと思います。
9.その他 については各自で用意していただくのが良いと思います。
ケシゴムは落款(印)を彫るためです。

だれでもムナカタ ですが
棟方志功を真似るのは案外難しいので
よくあるムナカタ風の作家達のスタイルを真似てみようと思います。

モチーフは色々ありますが、サンプルとして釈迦十大弟子の普賢菩薩です。
元の絵


下絵を描きます
デリーケートで鋭い線は無理だから適当で良いと思います


半紙に描きます


裏返してノリで版木に貼ります


手製の台です


これがあると力がしっかり入って速く安全に彫れます


彫刻刀はあえて廉価なものを選びました
ちょっと研げばこれで充分です
最近の小学生がもっているものはこれより上等です
家にあれば持参して下さい


私が彫れば30分ですから
1時間半もあれば彫り上がると思います


水洗いして半紙を落とし


先ずは試し刷り




ちょっと修正したら、本番です




3時間くらいで完成の予定です
落款はケシゴムで簡単に彫ります


額に入れたらムナカタ風で楽しめます
100円ショップの額でも使えます


バリエーションとして蔵書票も